« ただ栄光のために | トップページ | 巨人キャンプ少し行ってきた »

凄いぞスルツカヤ

根性で起きていた価値があったぞ。凄いぞスルツカヤ

バックの曲が死の舞踏だって。

これは確かにリストの「死の舞踏」だった。

日本人には馴染みがない曲だけど、西洋人にとってこの旋律は有名なのだ。

なぜなら、この死の舞踏はグレゴリオ聖歌「怒りの日」の旋律を使っているからだ。

この「怒りの日」は繰り返し西洋人の作曲家によって取り入れられている重要な旋律なのだ。

ベルリオーズの「幻想交響曲」、20世紀作曲家ダラビッコラ「囚われ人の歌」そしてリストの「死の舞踏」などなど

こんな最後の審判を奏でる音楽で踊るなんて……………………絶句だね。

荒川さんも素晴らしいぞ。でも満足したのでもう寝ます。

|

« ただ栄光のために | トップページ | 巨人キャンプ少し行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/792249

この記事へのトラックバック一覧です: 凄いぞスルツカヤ:

» フィギュア女子、好発進!~トリノ五輪~ [大阪、おおさか、OSAKA]
注目のフィギュアスケート女子ショートプログラムが行われ、日本選手では、荒川静香選 [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 14時53分

« ただ栄光のために | トップページ | 巨人キャンプ少し行ってきた »