« 今日のザスパ草津 | トップページ | マリア・テレジアの肖像画 »

店じまい

アメリカの近いにあるとんでもない国の話。その国の大統領は結婚していたが、ある婦人と結婚したいが為。法律を作った。それは30日間滞在し100ドル払いさえすれば離婚できるというもの。この法律を作った大統領は、間もなく革命で亡くなったが、この法律のおかげで離婚したい女性がぞくぞくとその国にやってくるようになった。男は仕事等があるため30日も滞在しずらいからなかなか来られなかった。婦人たちがその国の滞在中、実業家や将軍等と名乗る男たちが、婦人たち目当てにホテルに入り浸るようになった。その国の女郎屋は商売が干上がり、新しい大統領に陳情にいった。大統領は昔女郎屋で世話になったこともあるので、熟慮の末、法律を改正し、女ほ入国は夫の同伴か、夫の承諾書を必要とすることにした。もちろんこの夫という語は広く解釈しても構わなくした。

これは、実話なのかな。現実にこんなのあったら面白いね。カジノ特区など作るより、離婚特区作ったほうが儲かるかもね。

|

« 今日のザスパ草津 | トップページ | マリア・テレジアの肖像画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店じまい:

« 今日のザスパ草津 | トップページ | マリア・テレジアの肖像画 »