« インテルメッツォ | トップページ | 会堂守り »

オリンピックを見ていて

ショートトラックの韓国勢は強かったね。スピードスケート1000メートルでも健闘していたね。

でも、ここでは黒人選手デービスが異次元の強さだったね。スタートは大したことないのに怒濤の追い込み、同じ人類と思えない滑りだね。この人見ていたら、スケーティングがどうかとかは余り関係ないみたいだね。

自分が普段から考えているスポーツにとって最も大切なものは、スピードとパワーが全てというのを具現しているね。技などはその後ついてくるということだね。

こう言うと反論したい人が多いと思うけど、極限の舞台ではますますこういった状況になっているね。

誤魔化しかきかない世界だね。自分はすっきりしていて好きだけど。

日本の冬季競技の失態に、東京都石原知事などは、たるんでいるとか言っているみたいだけど、たるんでいるのではなく、現状認識できていないだけだと思うけど。

旧日本軍の、足らぬのは工夫が足りないとか言って、兵士たちに貧弱な武器しか与えないで、現場でなんとかせよ。と厳しく申しつけていた上層部と同じだと思うけど。

精神論の前に世界との圧倒的差を認識するのが重要で、その後どう行動するかは、国民みんなが考えればいいのじゃないかな。

|

« インテルメッツォ | トップページ | 会堂守り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3948/757727

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックを見ていて:

« インテルメッツォ | トップページ | 会堂守り »